MENU

悪玉コレステロールを下げる薬は副作用がある?一生飲み続けなければいけないの?

薬

悪玉コレステロールは体内に必要なものですが、増えすぎてしまうと、血管内に残り、動脈硬化を引き起こし血液の流れを悪くしてしまうなどの症状が出る事があります。

 

悪玉コレステロールの値が大きくなるにつれて、動脈硬化はもちろん、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる大きな病気に発展する事もあるため、健康診断などで、数値を指摘された場合は、食生活や生活習慣の改善に努める必要があります。

 

大前提は運動と食事療法

悪玉コレステロールを減らすには、食生活の改善と適度な運動をとり入れて経過を見る事が大前提です。ですが、中には発見が遅れて動脈硬化がかなり進んでいる、数か月食事療法と運動をとり入れても数値の改善が見込めないなどの理由により、薬で悪玉コレステロールの数値を下げる治療法を用いる場合もあります。

 

効果が出なければ薬に移行

あくまでも、食事療法と運動が、悪玉コレステロールを減らすには必要な事ですが、急いで治療する必要がある場合は、薬に切り替える事もあります。

 

この場合、数値の改善が見られるなど、結果が良くなれば薬の使用を中断する事もあります。
しかし、薬を辞めてしまうと、また数値が逆戻りする場合もあるので、薬で対応する場合は、処方が長引く事もあります。ただ、一度使ったからと言って、一生飲み続けなければいけないというわけではないので、お医者さんと相談してから決める事が必要です。

 

薬の副作用はあるの?

また、薬につきものの副作用ですが、悪玉コレステロールを下げるのに使われる薬にも副作用はあります。副作用が出やすいというわけではありませんが、出る可能性があるという点では、どんな薬にも共通しています。
悪玉コレステロールを下げるための薬にでる副作用は、まれにですが肝障害や横紋筋融解症などが出る事があります。横紋筋融解症は、いわゆる筋肉障害で麻痺や筋肉痛、筋力の低下などですが、薬を利用して人すべてに出るという訳ではないので、副作用が出てしまった場合は、すぐに医師に相談する事が大切です。

 

薬の使用を中断した場合、コレステロール値がもとに戻る人もいます。そのため、薬を服用していても食事療法は続けるなどの努力は必要です。