MENU

悪玉コレステロール値は低ければ低い方がいいの?低すぎると危険なの?

適正値

悪玉コレステロールは数値が高すぎると、体に悪影響を及ぼしますが、低すぎても悪影響を及ぼすため、適正値をキープすることが健康を維持するためにも必要となります。

 

 

LDLコレステロールの重要性

悪玉コレステロールは、正式にはLDLコレステロールといいます。そもそもLDLコレステロールは肝臓で作られて、各内臓へ血管を通じて運ばれます。
なぜそれが悪玉と呼ばれるかというと、多く作られすぎた悪玉コレステロールは、各臓器へ運ぶ事ができなくなり余ってしまうため、その余ったコレステロールが血管にのこり、動脈硬化などを引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まってしまいます。
そのため、LDLの値が高いまま放置しておくと、重大な病気を引き起こし命に関わる場合もあるため、健康診断などで、LDLコレステロールの値が高い場合は、食事療法や運動を取り入れるなどして、数値を下げる努力をする必要があります。

 

極端に少ないのは危険

増えすぎても困る悪玉コレステロールですが、少なすぎても健康に影響を及ぼします。悪玉コレステロールが少なすぎる原因としては、一日のカロリーを極端に少なくした、無理なダイエットや動物性タンパク質を一切取らないベジタリアンの人などに多くみられます。
悪玉コレステロールが極端に少ないというのは、いわゆる栄養不足という事になるため、それを放置しておくと病気になるというわけではなく、命にもかかわってくるので、極端に悪玉コレステロールが少ない人は要注意となります。

 

また、悪玉コレステロールの数値が極端に低い人は、甲状腺の病気などが疑われるため、再検査となる事もあります。そのまま放置しておくと、がんの発症率も高くなるなど、単純に痩せているからいいというわけではなく、健康な体を維持する事が大切なので、コレステロールの値には常に気を配っておくことが大切です。

 

バランスのいい食事と運動が大切

特に、気を付ける事は健康的な食生活と運動です。
1日3食バランスよく摂取して、適度に運動をして、健康的に生活をおくる事が大切です。